ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
こんにちは、ノボル号です。


最近ブログの方ではご無沙汰だったので、久し振りに流行り神・妄想考察記事やるよ!
今日のお題はズバリ『編纂室って、事件関係者の調書はどこで、どのようにして取っているの?』です。

※なお、超軽微ですが多少の腐トーク入ってますんで、少しでもあったら許せない!という方は退避お願いします。
んでは、3部作全てクリア済みで腐要素OKの方のみ、下のRead moreをクリックしてGO!

----------------------







はい、よくいらっしゃいました。
では早速、『編纂室って、事件関係者の調書はどこで、どのようにして取っているの?』についての妄想考察、はじめるよー!


事のきっかけは、最近Twitterの方でツッコんだ“流行り神は3の第零話でようやく(警視庁内の)取り調べ室が登場したんだね!”という小ネタより。
普通、警察って事件が発生すると関係者から一通り事情聴取して調書を作成するのが習わしで、それは編纂室も全く同じ流れだと思うんですが……それにしては3でようやく取り調べ室の存在が描写され、しかも編纂室内ではなく上階の捜査課のを間借りしています。
3の第零話で紫音のストーカー・依田が逮捕されるまで、編纂室で扱ったほとんどの事件の犯人(被疑者)は死亡、或いは失踪・記憶喪失などで取り調べ自体が不可能なケースが圧倒的ながら、中には生きて逮捕された犯人(例えば『心霊写真』オカルートでの安藤など)もいるので、もっと前から取り調べ室が登場していても良さそうなものですがね。
まあ、そんな安藤も実際に逮捕したのは捜査一課ですから、どんなに編纂室が頑張ろうとも捜査・逮捕権は実質一課のものと考えると、3まで取り調べの描写が出なかったのも納得です。
また、編纂室は表向きにはただの資料保管部署ですから、わざわざ取り調べ室を設けていないとも思われます。
…ですが、ご存知のように捜査一課に睨まれながらもちゃっかり捜査&ファイル作成はしているので、容疑者・重要参考人への尋問は捜査課の取り調べ室を借りてやるとしても、それ以外の事件関係者への聞き取りはどこでやってるんだ?と考えてみたトコロ。

現実の警察だと、関係者には一度署まで出向いてもらい、該当部署の中で調書を取るという流れになります。(※容疑者ではないので取り調べ室ではなく、応接セットや空いてる席を使ってのオープンな聞き取りになる事も。また、現場で聞き取りが行われた場合は、さほど重要な立ち位置でない限りは後日署に呼ばれないでも済む。更に、関係者が大物だった場合には警察の方から出向いていく事も…?)
なので、普通に考えれば編纂室もやっぱり関係者に地下5階までご足労願って、蘭子さんにソファからどいてもらい、調書を取っているものと思われます。
…で、ここで素晴らしくノボの興味を誘うのは、一般人はともかく純也の身内(兄さん、ゆうかちゃん、人見さんなど)が編纂室に来たら一体どういう反応をするのか?なのですね。
彼らも『名前の無い駅』や『流行り神』、後は未登録ですが『作られた都市伝説』等で立派に事件関係者ですので、一通り調書は取られている筈。

んで、まずは兄さんの場合で想像してみたトコロ。
ノボ説の兄さんだと、彼は自分の父親が過去に編纂室で謎の死を遂げた刑事である事を知っているため、実際に現場である編纂室に来た直後はかなり複雑な顔をしてるんですが、応接セットで調書を取られている内、徐々に純也の現職場である編纂室内部の様子に興味津々→凄い読みたそうな顔で奥の書庫をじっと見つめ続けるので、「あの、分かってるとは思うけど…いくら兄さんでも、ファイルの中身までは見せられないからね?」と申し訳なさそうな純也に釘を刺され、「ああ、分かってる」と返事しながらもあからさまにショボーン顔の兄さんとか、想像すると凄い萌えるな(爆)。
…まあ、兄さんの場合は純也が本気で注意したら大人しくしてそうなんだけど、問題はゆうかちゃんだよね。
好奇心剥き出しで、隙あらば部外秘のものに触ろう・見ようとするので、かごめさんがいたら速攻で叩き出されそうだわ;
それに、良く考えたらゆうかちゃんって『鬼』の時なんかに警視庁の前までは行ってるけど、編纂室の中までは入れてもらってないんだよね…やっぱり、“この子を中に入れると何か…途轍もなくヤバい気がする!”という刑事の勘が働いたんだろうか(爆)。


そういう訳で、ゆうかちゃん+αの好奇心を退ける為と、編纂室のファイルはある意味非正規なので、それほど厳密な作成手順を踏まなくて良いのでは?という二点を鑑みた結果。
兄さん達身内が関わった事件のファイルは、改めて個別に聞き取りする事無く純也が自分で見聞きした事を独自に纏め上げたものか、もしくは編纂室に直に呼ぶのはまずいので、近くのファミレス(ローゼンクイーン)に呼び出して、そこで調書を取ってるんじゃないかな?と推測してみました。
そして、このファミレスに呼び出すというパターンにはかなりロマンがありまして、対象が兄さんなら事情聴取という名の公然食事デート(コラ;)、ゆうかちゃんならドタバタお食事会、人見さんなら恐怖の解剖実況付き大ガマン大会(主に小暮さんが)、という素敵シチュが各自で楽しめそうです
いやぁ、編纂室に無骨な取り調べ室とか無さそうで、本当に良かったね!
まあ、取り調べ室があったらあったで、兄さんなんかは純也と二人きりになるや否や。
密室状態を良い事に逆尋問したり、2828しながらちょっとしたセクハラしたりするシチュが大いに楽しめそうなので、それはそれで美味しいなぁと思っていたり(ヲイ;)。


…いやぁ、流行り神って本当に妄想が滾るゲームですよね!
まだまだネタは尽きないんで、こんな変態ブログですが、また何かやらかした時は宜しくです
web拍手 by FC2

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 そしてまた、はじまりの日々。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。